猫と毛糸と着物にかこまれる日々。

綿の薩摩絣。



今回は、ベージュ系!というのが、頭にありました。
すっきりまとめたいなと。

で、選んだのは、よろけ縞の薩摩絣。
これなんと、絹ではなく、綿なのです。
永江明夫さんという、もう90歳を越えた、
とっても、素敵な方の作品です。

綿は絹よりも細くて、すべりも悪い。
それを大島紬にも負けないようにと、作ったのが綿薩摩。
本当に細かい作業です。

軽くてしっとりしてて、
でも、冬着ていても、とってもあたたか。
この着物に出会えてよかった、と思える着物です。

ちりめんの9寸の染め帯びを合わせました。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。