猫と毛糸と着物にかこまれる日々。

バッタセーター完成!


あ~、大変でした。
やっとこさ、バッタ君のキミドリセーターが完成しました。

この冬は人のためのマフラ~とか
コサージュとか、
新たなことに取り組もうと思い、
毎年定番だった、バッタ君へのセーターの進み具合が、
かなり滞ってました。

編み物って、ひとつのことばっかしてると飽きちゃって、
なんか新しいこと、始めたくなるんですよね。
で、いつも私の回りには、中途半端なモノがいっぱい。

でもこの週末、気合い入れました!
ほっと一安心です。
もうすぐ春だし、
冬の間はナナフシみたいに茶色だったバッタくんも、
あざやかなキミドリ色になるのです。

本人をモデルにしました。
一昔前のポージングです。

神の子。


30日め

この週末、
ずっとごまといっしょにいて、
ちょっとした変化がいくつかありました。

まずはテレビが好きになったこと。
シャラポワが好きなのかと思いきや、
今日のパン・パシフィックで優勝したロシアの女子にも、ストーカー行為。
さすが、ロシアン・ブルー。
ロシア女が好きなんだと納得し。
その後も、
動物奇想天外のサルや、ニュースや・・・。

まあ、動くものなら何でも良いんだなと。


そして、
ちょっと人に気を使うようになったこと。
今までは、抱っこしても、遊びたくて遊びたくて、
すぐ飛び出していたのが、
お愛想程度に、抱っこされて、顔じっと見たり、チュッてしてくれたり。
これが、老猫好きとしてはグッとくる。
うれしいのだ♡


顔が、神の子、山本KIDに似てる。
前から似てたのか、似てきたのか、
頬からあごにかけてのラインと、ギョロッとした目が・・・。
これは、良いのか、良くないのか、微妙・・・。

日々、変化するごまちゃん。
ホントに楽しいです♡

江戸小紋・三百柄。



今度の水曜日に着る予定の着物を選びました。
暇な時にやっておかないと、バタバタするので。

ちょっと、あらたまった場なので、
袋帯をもってきました。

モアレみたいになってる着物は、
江戸小紋の伝統的な柄から、ちょっとおもしろいのまで、
300種の柄が入ってる、小紋です。

(この間、400種っていうの、どこかでみたなあ。)

また、
「春らしくもっと明るいの着れ~!」と言われそうです。
そしたら、
「帯にいっぱい花があるからいいのじゃ~!」
「帯締めピンクだからいいのじゃ~!」と言い返すつもりです。

オダマキ


昨日、梅まつり初日ということで、
世田谷区の某公園に行ってきました。
寒かった~。
広い梅林があるのですが、咲いてる木はほんの少し。
赤の<八重野梅>という種類だけが咲いてました。
見ごろはまだまだこれからです。
毎週末が楽しみです。

で、花屋が何軒か出店してるのですが。
あまり見たことがない花があったので買いました。
<オダマキ>という名の宿根草です。

紡いだ糸を巻き取るおだまきに似ているということから、
名前がついたそうですが、
おだまきって、どんなんだったっけ??

シャラポワ好き。


28日め

さっきTVで、
<東レ パン・パシフィックテニス>の
シャラポワvsヒンギス観てたら、
いつもはTVに興味をしめさないごまが、
もう風太くんみたいになって
シャラポワの後ろ姿に、かぶりつき状態。
ごまも男の子なんだね。

立つと、背高いね。なが~~~いね。


しかし、ヒンギスは強かった。
あっという間に、試合終わっちゃって、ちょっとあっけなさすぎ。

そして、
うちは、スゴク西日の入る家・・・。

コサージュ・プロトタイプ2


ちょいと先に法事があるので、
黒いコサージュを編んでみました。

少しでも哀悼の意をあらわせればと。



編み物、してないわけではないのですが、
最近はごまのことで忙しすぎ。
今、バッタくんのきみどり色のセーター、滞り中。

豆に興奮!鬼ごま。




27日め

今日は節分なので、豆まきをしました。
みんな鬼になりました。
ごまもランも私もバッタも。

年の数以上の豆を食べました。
だっておいしいんだもん。
(恥ずしながら、鬼嫁、初登場・・・
 髪も、着物も乱れています・・・)

なんといっても、一番喜んでるのはごま。
撒かれた豆追っかけて、大暴れ。
当分、ソファの下とか、部屋の端っこにある豆発見されて、
大喜びが続きそうです。
あんたは4分の1しか、まだ食べられないのだよ!

琉球絣。


明日の着物をコーディネート。

着たいなと思ったのは、琉球絣。
グレー地で(あっ、ごま色だ!)
ちょいと地味?
でも着たいのだ!
沖縄もの大好き♡
帯は、やはりグレー地の魚柄の織りの八寸帯。
(あっ、ごまが大好きなお魚だ!)

グレー×グレーなので、
あえて、帯締めをブルーにしてみました。
(ごまの首輪はきっとブルーだ!)

この写真、かなり黄色かぶりしています・・・。
でも、フラッシュたくと、さびしく青っぽく、色がとんじゃうんですよね・・・。

教育係。


らんちゃん。
最近のごまの、目に余る行動に、
ちょいとノイローゼ気味。
(シャ~シャ度、高し・・・)

「もう我慢ならん!
私が教育しちゃる!」と、
教育係に立候補。

ケージ、トイレ、爪とぎの前に陣取り、
ごまの行動を観察中。

ランちゃんはみごと、小悪魔ごまを教育できるのでしょうか。
じっくりと観察していこうと思います。

白侘助


鉢植えの椿<白侘助(しろわびすけ)>が咲きました。

名前のごとく、
侘びしいというか、さびしく静かというか、
つつましいというか、
まとまって、下を向いて咲きます。

椿は白よりも赤。
パッカ~ンと大きく咲くよりも、
このようなラッパ型が好きです。

これは下からすごくアオって撮りました。

ニャロメ顔。


26日め

最近は暴れてばかりで、
ぶれてない写真を撮るのが、大変なのですが、
たまにはアップを!

どうですか?
ちょっと大人顔になってきてませんか?
鼻の下がみごとにもっこりしててニャロメみたいです。

これ下からのアングルなので、
特にそうみえますが、
普通に見ると、子グマ顔です。

カゴ・ごま。


25日め

ふだんは、
ハサミやらツメキリやら耳カキやら、
出しておくには、みにくいが、
ないと困る大切なものを入れておくカゴ。

ぜ~んぶ、ひっくりかえして、
しっかり自分が入りました。

だから、持ち上げてあげました。

この光景見てたら、頭の中で
♪わたしは真っ赤なリンゴです~。お国は寒い北の国。
リ~ンゴ畑の晴れた日に~、カゴにいれられ汽車ポッポ~・・・♪

って悲しい童謡が流れました。
お若い方は知らないのでしょうね。
私はなんで知ってるんだろ??
小学校でならったのか、母が歌ってておぼえたのか・・・。
う~、どちらでもいいが、
テレビで<ロンドンハーツ>やってるし、
日めくりカレンダーがめくられてないし。
なんかさみしいキモチなってきた~・・・。

家畜人ヤプー。


「家畜人ヤプー」という小説を知っていますか?

1950年代?に、沼正三という謎の作家が書いた、
奇妙なM(マゾ)小説。
黄色人種が家畜として、白人に使える。
今となっては、人種差別バリバリの発禁モノです。
その小説の中で、日本人は、
人間椅子、トイレ(セッチンと表記されてたような)など、
屈辱的な機械に変えられ、奴隷のように仕える。

何じゃ、こりゃ~~~~~~!というマニアックな小説でした。

この写真を見てたら、
そんなことを思い出してしまった・・・。
ランちゃん、ごめんね。
これは、決して虐待ではありません。

あまりにも気持ち良さそうに、私のひざの上で寝てたので、
ちょっとワイングラス置いてみました。
おさまり、いいんだなあ、これがまた。

該当の記事は見つかりませんでした。